【レシピ・トマトとバジルのジェラート】トマト好きなら試したい、プロに教わるジェラート

本日8月27日は「ジェラートの日」。明日までジェラートをテーマにお届けしております。本日はトマトと相性抜群のバジルを合わせたジェラートをご紹介します。まるで冷製スープを凍らせたかのようなジェラートは、ワインのお供にもおすすめです。味の濃いトマトと乾燥バジルを使うのが、おいしく美しく仕上げるコツ。東京・神楽坂でジェラートとイタリア菓子の教室「giglio(ジリオ)」を開く齋藤由里さんに教えていただきます。

材料(4~5人分)

ミニトマト(4等分する)
200g(約10個)
【A】生クリーム
180ml
【A】牛乳
180ml
【A】マッシュポテトの粉
18g
練乳
110g
バジル(乾燥)
小さじ1
飾り用バジルの葉(フレッシュ)
適量

作り方

  1. 1鍋にAを入れて火にかけ、泡立て器で混ぜながら沸騰直前まで温める。
  2. 280℃程度まで冷まし、ミニトマトを加えてハンディブレンダーでなめらかに混ぜる。
  3. 3練乳、バジルを加えてさらに混ぜ、容器に入れて蓋をする。冷凍庫で冷やし固めながら「いちごミルクのジェラート」の作り方(3~7)を参考に数回混ぜる。
  4. 4器に盛ってバジルの葉を飾る。

Chef’s voice

イタリアではよく見かけるトマトのジェラートは、意外に人気があります。イタリアのトマトは日本のものよりも濃厚で、冷菓にしてもはっきりとした風味が残っておいしいんですよ。日本では比較的味が濃いミニトマトを使ってください。トマトの皮のすぐ内側に旨みがあるので、ぜひ皮つきで。ハンディブレンダーを使えばなめらかになるので、まったく気になりません。バジルは乾燥を使いましょう。フレッシュバジルをブレンダーで混ぜると色が混ざってきれいな色に仕上がりません。

<関連記事>
【コラム】ジェラートはどのように誕生したのか?
【レシピ・いちごミルクのジェラート】簡単! 混ぜて冷やして練るだけ
【レシピ・カプチーノジェラート】暑くなりそうな週末に。おうちで作れる、大人が嬉しいジェラート

齋藤由里(さいとう ゆり)/お菓子作り好き、イタリア好きが高じてジェラートとお菓子作りを習うためイタリアへ。修業中にマシンがなくともイタリアンジェラートが作れるのではないかと考え、帰国後研究を重ねて、神楽坂の自宅でジェラートとイタリア菓子の教室「giglio(ジリオ)」を開く。イタリアの味を広めるとともに珍しいフレイバーのジェラート作りにも取り組み、遠くから通う生徒さんも。グループレッスン、プライベートレッスンのほか、不定期でカフェイベントを開催。
https://gigliodolce.jimdo.com/

撮影:西山 航

おうちで作る イタリアンジェラートの関連記事