【レシピ・スープカレー】スープジャーで持ち運べるのは、おいしいカレーとあったかい愛情。

さあいよいよ9月。またお弁当と闘う毎日が始まりますね。そこで本日は、スープジャーで持たせるスープカレーをご紹介します。料理研究家の渡辺あきこさんのレシピは、辛さ控えめのマイルドな味わいです。「カレー粉で作るので、量で辛さを調節できます。小さいお子さんでも安心して大好きなカレーを楽しめる、野菜、鶏肉の甘みを引き出したレシピです」

材料(3~4人分)

鶏もも肉
1枚
玉ねぎ
1個(240g)
なす
1個(70g)
さやいんげん
8本
しょうが
1片
【A】水
4カップ
【A】カレー粉
大さじ1/2~1
【A】トマトケチャップ
大さじ2
【A】コンソメスープの素(顆粒)
小さじ2
【B】しょうゆ
小さじ1
【B】塩
小さじ1/2
サラダ油
大さじ1と2/3
ご飯
3~4杯

作り方

  1. 1玉ねぎ、しょうがはみじん切りにする。鶏もも肉は4cm角に切る。
  2. 2鍋にサラダ油大さじ1を熱し、1の玉ねぎを中火で茶色く色づくまで炒める。しょうがを加えて軽く炒め、鶏肉も加えて両面に焼き色がつくまで焼く。
  3. 3Aを加えて煮立ったら弱火にし、ふたをして20分煮る。
  4. 4なすは2cm角に、さやいんげんはすじを取って4cm長さに切る。フライパンに残りのサラダ油を熱し、なす、さやいんげんを軽く炒め、ふたをして弱火にし、柔らかくなるまで蒸し焼きにする。
  5. 53はBで味をととのえる。器に人数分のご飯をそれぞれ盛り、カレーを盛って4をそれぞれのせる。
  6. 6ジャーに入れるときに温め直し、熱いうちに移す。

point

買い置きしておきたい食材「玉ねぎ」
料理の名脇役である玉ねぎ。冷蔵庫に常備しておくだけで、さまざまな料理に使い回しができます。保存期間は冷蔵庫で1カ月程度。スライスした玉ねぎも冷蔵庫で3~4日もちます。

<関連記事>
●【コラム】プロに教わる! スープジャーを上手に使う5つのコツと、お弁当作りの6つのポイント

渡辺あきこ(わたなべ あきこ)/料理研究家。料理学校の講師を務め、その後独立。現在は、雑誌、書籍、テレビ、新聞、講習会などで活躍中。和食を中心とした基本を踏まえた家庭料理を得意とする。著書に『毎日つくる園児のおべんとう』(大泉書店)、『渡辺あきこの東大合格ごはん』(主婦の友社)など多数。

撮影:大見謝星斗

こどもが喜ぶ スープジャーのお弁当の関連記事