【サフランピラフ】榊 せい子さんに教わるおうち懐石で、クリスマスのおもてなしを

パーティで準備する料理に迷ったら「懐石料理を軸にして考えると、簡単な約束でよそゆきのおもてなしができます」とアドバイスをくださるのは料理家・榊せい子さんです。今年のクリスマスは、サフランピラフをマスターして、おもてなしの一品にいかが。

材料(4人分)

白米
2合
海老
4~6尾
ホタテの貝柱
4個
マッシュルーム
6~8個
干しぶどう
1/2カップ
サフラン
適量(10~15枚程度)
パセリ
適量
塩、こしょう
各適量
オリーブオイル
大さじ1
バター
10g

作り方

  1. 1白米は洗って、30分~1時間ざるに上げておく。
  2. 2海老は皮をむいて背わたを取り、2cm長さに切る。ホタテの貝柱は4つ切りに、マッシュルームも4つ切りにする。
  3. 3サフランをぬるま湯150mlに入れて色を出す。
    ※サフランをそのまま入れて炊くとまだらになることがあります。一度お湯につけて色出しするときれいに仕上がります。
  4. 4フライパンを火にかけて熱し、オリーブオイルをひく。白米を入れて透明感が少し出るまで3~4分炒める。海老とホタテの貝柱を加えてさらに2分炒め、鉄鍋(深めのフライパンでもよい)に移し、マッシュルームを加える。
  5. 5さらに干しぶどう、白米と同量の熱湯と3を加えて軽くかき混ぜる。バターを入れ、塩、こしょうを加える。蓋をして強火で10分炊き、火を止めた後15分蒸らす。味見をしながらこしょうで味を調える。
    ※熱湯で炊くほうが早く仕上がります。
    ※炊飯器で炊いても結構です。
  6. 6パセリはみじん切りにする。お茶パックなどに入れて洗って絞る。
    ※みじん切りにしてから洗うことでアクが取れ、パラパラときれいに散らすことができます。
  7. 7ご飯茶碗などにピラフを入れて軽く押し、皿に盛る。パセリを散らす。

<関連記事>
●【レシピ・隼人うりと柿の酢のもの】旬の食材でさっと作れるおいしい一品を家庭料理の大家に教わる!

榊せい子(さかき せいこ)/料理家、裏千家正教授。1948年三重県伊賀市生まれ。帝塚山学院大学美学美術史学科卒業。父は書家の、故・榊 莫山。中学の頃から母について茶道を学ぶ。現在は、伊賀上野の邸宅で茶道を教えながら、四季折々の料理とお菓子でもてなす茶事・茶会を開く。著書は『榊 莫山家の茶懐石のおもてなし』『季節を愉しむ きものごよみ』(ともに世界文化社刊)。

撮影:森山雅智

12か月のおうち懐石の関連記事