中近東と南仏の美味しい出合い! 野菜の旨味を手軽に味わえるラタトゥイユピタサンドを作る

お正月料理を食べ尽くしたら、パンが恋しくなってきませんか。そこで本日は、東京製菓学校パン科の皆さんが監修した本『いちばんくわしい パン事典』から、中近東の伝統的な「ピタ」に挟んで食べるラタトゥイユのピタサンドをご紹介します。ピタは中が空洞になっているので、ラタトゥイユのほかにも色々な具材を挟んで、オリジナルのピタサンドを作ってみるのも楽しいですね。

材料(4人分)

ピタ
4枚
ラタトゥイユ
 玉ねぎ
1/2個
 ズッキーニ
1/2個
 なす(中サイズ)
1~2個
 パプリカ(黄)
1/2個
 パプリカ(赤)
1/2個
 オリーブ油
適量
 にんにく
1かけ
 トマト缶
1/2缶(200g)
 固形ブイヨン
1/4個
 バジル(ドライ)
適量
 オレガノ(ドライ)
適量
 塩、こしょう
各適量
サニーレタス
適量

作り方

  1. 準備ピタは半分に切る。玉ねぎ、ズッキーニ、なす、パプリカはそれぞれ2cm角に切り、にんにくはみじん切りにする。サニーレタスは1枚ずつちぎる。
  2. 1熱したフライパンにオリーブ油を入れ、にんにくを焦がさないように炒める。
  3. 21に玉ねぎ、ズッキーニ、なす、パプリカ、トマト缶の順で加え、炒め合わせる。
  4. 32に固形ブイヨン、バジル、オレガノを加え弱火にし、野菜から出る水分で煮込む。
  5. 4水分が飛んでとろみがついたら火を止め、塩、こしょうで味を調えたら粗熱をとる。
  6. 5ピタにサニーレタスと4のラタトゥイユを挟み込む。

Point

ポケットに具を挟んで楽しむ「ピタ」
中近東に数千年前から伝わり、現在はギリシャやイスラエルなど各国の都市部で食べられている。中を空洞にするには、高温で一気に加熱できる設備が必要。そのため現地では、家庭で作ったピタの生地をパン屋に持ち込み、高温のオーブンで焼いてもらう人もいるとか。

<関連記事>
●【コラム】パンブーム再び! 大人気&大注目の4つのパンイベントとは?
●【コラム】エッグベネディクトの次は何が来る? おいしい世界のアレンジパン5選
●【コラム】知りたい! パンのおいしい食べどき、切り方、保存方法。

監修、撮影協力:東京製菓学校パン科/1954年開校。和菓子、洋菓子、パンのプロを育てる専門学校。実践的なカリキュラムや最新の特殊設備の他、国内外でトップレベルの講師陣など、あらゆる面でサポートする。夜間部もある。パン科も実践を重視。実習授業が全体の80%を占め、ヨーロッパの伝統的なパンから調理パンまで、日本で売られているあらゆるパンの製造法が学べる。また、石窯での製パン技術や天然酵母の扱い方など、高度な製パン技術を習得できる。
http://www.tokyoseika.ac.jp/

撮影:西山 航

いちばんくわしいパン事典の関連記事