サクサクでしゃきしゃき! クセになるクリスピーなフィリピン風かき揚げ

そろそろ鍋も仕舞おうかなあという頃、美味しいかき揚げをつまみに一杯、いかが。ご紹介するのは、ヒルトン東京はじめてのレシピブック『アミューズ&オードブル・レシピ』から、いつもとちょっと違う海老と野菜のかき揚げです。「軽くてクリスピーな衣のかき揚げは、フィリピン流。海老に野菜というお馴染みの組み合わせですが、もやしが加わると独特のしゃきしゃき感が生まれます」。

材料(4個分)

具材
 海老(殻をむく)
4尾
 さつまいも
100g
 にんじん
100g
 とうもろこし
100g
 もやし
150g
 フレッシュコリアンダー(みじん切り)
40g
 チャイブ(みじん切り)
50g
 薄力粉
150g
 コーンスターチ
150g
 フィッシュストック (または水)
225cc
 米酢
10cc
 ごま油
5cc
適量
白こしょう
適量
揚げ油
適量

作り方

  1. 1さつまいも、にんじんはスライサーで長さ4cm、幅5mmほどの大きさにカットする。とうもろこし、もやし、コリアンダー、チャイブと共にボウルで合わせる。
  2. 2別のボウルに衣の材料をすべて入れ、混ぜ合わせる。
  3. 31と2を手で混ぜ合わせ、塩、こしょうで味を調える。
  4. 4フライパンに揚げ油を高さ2cmほど入れて火にかける。3をスプーンですくって海老を中心に埋めるようにのせ、170℃の揚げ油に入れる。途中で裏返し、全体が黄金色になるまで揚げる。揚げ上がったら塩を少しふる。
  5. ヒルトン東京 TSUNOHAZU/ホテル2階に広がるダイニングフロアTSUNOHAZU。4つのレストラン・バーとパティセリーカウンターは、仕切られることなくシームレスに連続して存在。そのためフロア全体に独特の回遊性が生まれ、ホテルダイニングならではの落ち着きや気品と、異郷のバザールやマーケットのような華やかさや活気が共存する、希有な空間を創り出しています。
    http://www.tsunohazu-hilton.jp/

    撮影:工藤雅夫

    アミューズ&オードブル・レシピの関連記事