ああ、酒がすすむ。だしがしみた美味しいおつまみ、鶏とがんもの串煮の作り方

口の中にじゅわっと広がる瞬間、幸せを感じずにはいられないのが、だしの染みたおつまみです。花粉の舞う、基、桜咲く春も、灼熱の夏も、哀愁漂う秋も、極寒の冬も。年中いつだって賑わう大人の酒場直伝の“渋くてウマい”つまみがぎっしり詰まったムック『渋ウマつまみ』から、味噌がミソの鶏とがんもの串煮をご紹介します。

材料(2人分)

焼き鳥(市販品でも可)
4本
 鶏もも肉
200g
 塩、こしょう
各適量
 長ねぎ
2/3本
がんもどき
4個
【A】水
200ml
【A】しょうゆ
小さじ1
【A】みりん
小さじ2
【A】おろししょうが
小さじ1/2
みそ
小さじ2
適量
ごま油
小さじ1/2

作り方

  1. 1鶏もも肉は皮をはいで一口大に切り、塩、こしょうで下味をつける。長ねぎは3cm長さに切る。鶏もも肉、長ねぎを交互に串に刺す。
  2. 2鍋にごま油をひいて中火にかけ、焼き鳥の表面を焼く。
    ※まず焼き鳥の表面を焼いておくのがポイント。
  3. 3Aを加え、沸騰したらがんもどきを加えて中火のまま10分煮る。
  4. 4みそを溶き入れ、塩で味をととのえる

渋ウマつまみの関連記事