食べ応えあり、でも胃もたれなし! ごろごろ野菜とソーセージのポトフの作り方

日中は春の日差しでも、夜はまだ少し冷える……そんな季節の晩酌のお供には、温かいポトフがおすすめ。飲み会続きの疲れた胃にもたれない、野菜たっぷりの嬉しいレシピです。1人分から手軽に美味しく作る方法を、料理研究家の藤井恵さんに教えていただきます。なお、使用した鍋はストウブの直径18cmラウンドタイプです。

材料(1人分)

ブロッコリー
1/2株
にんじん
1本
じゃがいも、玉ねぎ
各1個
ベーコン(1cm厚さのもの)
50g
4カップ
ウインナソーセージ
2本
小さじ1/3
【A】塩、粒マスタード、粗びき黒こしょう
各適量

作り方

  1. 1ブロッコリーは小房に分ける。にんじんはよく洗い皮つきのまま、じゃがいも、玉ねぎは皮をむく。ベーコンはひと口大に切る。
  2. 2鍋に皮つきのにんじん、じゃがいも、玉ねぎを丸ごと入れ、ベーコン、水を入れて中火にかけ、フタをして40分ほど煮る。塩、ブロッコリー、ソーセージを加えて3~4分煮る。Aを添え、つけながらいただく。

Point

丸ごと煮込んだ野菜は、甘みやうまみが凝縮したおいしさ。ボリュームたっぷりでも、胃にもたれないのがうれしいところ。

藤井 恵(ふじい めぐみ)/料理研究家。管理栄養士。家族のいないひとりの時間は、体の声をひたすら聴いて、自分が本当に食べたいものを、手間をかけずに、きちんと、ていねいに。日本酒とシャンパンをこよなく愛する。

撮影:木村 拓(東京料理写真)

簡単!おいしい! 藤井 恵の ひとり分ごはんの関連記事