大人が食べたい、おつまみハンバーグは、ピリ辛味のピクルスが決め手!

本日は、お酒のつまみにぴったりの焼きハンバーグを、東京・銀座のバー「ロックフィッシュ」店主の間口一就さんに教わります。人気の鋳物鍋・ストウブで作るおつまみレシピ満載の著書『銀座・ロックフィッシュのストウブつまみ』からのご紹介です。「たこ焼きみたいなハンバーグは、中に入れたピリ辛味のピクルスがアクセント。きゅうりの代わりに唐辛子のピクルスでも!」

材料(1人分)

ハンバーグのたね(市販品)
120g
きゅうりのピクルス
10g
チリパウダー
少々
マスタード
小さじ1
オリーブオイル
適量

作り方

  1. 1ハンバーグのたねを6等分にして丸める。
  2. 2きゅうりのピクルスを粗く刻んでチリパウダー、マスタードと和える。
  3. 31のたねの中央をくぼませて、2のピクルスの1/6量を中へ押し込んで再度丸める。同じものを6個つくる。
  4. 4エスカルゴディッシュを中火で熱し、穴に薄くオリーブオイルを塗り、3のたねを入れて焼く。ジュージューといってきたら弱火にし、たこ焼きのように転がしながらじっくり火を通す。

Point

ミニシリーズのストウブでつくる、簡単で美味しいおつまみ。この料理で使用したストウブは、エスカルゴディッシュです。

間口一就(まぐち かずなり)/銀座のバー「ロックフィッシュ」店主。愛媛県生まれの乙女座O型。大阪「サンボア」で勤務の後、北浜に「ロックフィッシュ」をオープン。2002年に東京・銀座に進出。昨今のハイボールブームの火付け役として、雑誌や新聞などに多数登場。また、身近な食材を、ひとひねり効いたオリジナルのつまみに仕立てるのが得意。新たなつまみを生み出すための飲み食べ歩きは国内にとどまらず世界各地まで。日々、勉強を欠かさない。著書も『バーの主人がこっそり教える味なつまみ』(柴田書店)、『ゆびつまみ』(柴田書店)、『麺々エブリデイ!』(辰巳出版)、『缶つまデラックス』(世界文化社)など多数。

撮影:鵜澤昭彦

銀座・ロックフィッシュのストウブつまみの関連記事