ぷるぷる鶏にシャキシャキきゅうりが食欲をそそる! みんなで食べたい棒棒鶏

長い連休のワガママな食生活のせいで、胃袋も少しお疲れモード。でも美味しくて健康的な料理を食べたい、というかたにお勧めするのは、肉と野菜のバランスが嬉しいバンバンジーです。淡白な具材にかける濃厚なたれが、絶妙な美味しさ。『大皿料理でおもてなし上手』著者の家庭料理研究家・多賀正子さんに、たっぷり6人分のレシピを教わります。

材料(6人分)

鶏もも肉(大)
1枚
【A】長ねぎ
1/2本
【A】しょうが
1/2かけ
【A】酒
大さじ2
きゅうり
2~3本
長ねぎ
20cmほど
棒棒鶏だれ
 練り白ごま
90g
 砂糖
大さじ2
 しょうゆ
大さじ2
 ごま油
大さじ1
 酢
大さじ2
 ラー油
小さじ1/2
 みそ(好みで)
小さじ1/3
 しょうが汁
1かけ分
 粉山椒
適量

作り方

  1. 1鍋に1,000~1,200mlの水、Aを入れ、強火にかける。沸騰したら極弱火にして鶏肉をそっと沈め、20分ほど静かに火を入れる。
  2. 2棒棒鶏だれの材料を混ぜ、冷蔵庫で冷やす。
  3. 31の肉は鍋に入れたまま粗熱をとる。肉を取り出し、ペーパータオルに包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫で冷やす。
  4. 4きゅうりは長さを3等分して細切り、長ねぎはきゅうりに長さをそろえてせん切りにする。大皿に並べて、冷蔵庫で冷やす。
  5. 53を袋の上からバンバンと麵棒で叩き、取り出して1.5cm幅に切る。4の野菜の上に盛りつける。
  6. 6食べる直前に、全体にたれをかける。

Chef’s Advice

ゆで鶏は、ゆで汁につけたまま冷ますとパサつきません。時間がないときは氷を数個入れて一気に冷やしましょう。

多賀正子(たが まさこ)/家庭料理研究家。料理教室「Creative kitchen」主宰。NHK「第15回きょうの料理大賞」で大賞を受賞。3男1女の母。食欲旺盛でお肉が大好きな家族を満足させてきた料理は、つくりやすくておいしいと評判。自身の主宰する料理教室では、おもてなしにもふだんの料理にも使える、6人分のレシピを教えている。おおらかで明るい人柄が人気で、テレビや雑誌などで活躍中。共著に『禁断のレシピ』(NHK出版・枝元なほみ)がある。

撮影:鈴木正美

大皿料理でおもてなし上手の関連記事