旬のスナップえんどうを美味しく食べたい! お酒がすすむ、小松菜とのコンビ煮浸し

スナップえんどうが美味しい季節です。いつもはサラダでというかたも、今日は和風のおそうざいで楽しみませんか。人気の料理研究家・藤井 恵さんに、食感の違う小松菜と合わせた煮浸しを教えていただきました。みょうがのアクセントも効いて、お酒のつまみにとてもいいです。

材料と作り方(2人分)

小松菜
150g
スナップえんどう
100g
みょうが
1個
【A】だし
1カップ
【A】しょうゆ
小さじ1
【A】塩
小さじ1/2

作り方

  1. 1小松菜は4~5cm長さに切る。スナップえんどうは斜め半分に切る。みょうがは縦半分に切って斜め薄切りにする。
  2. 2鍋にAを入れて強火にかけ、煮立ったら小松菜、スナップえんどうを加えて2~3分煮る。みょうがを加えて火を止め、そのまま冷ます。
  3. 藤井 恵(ふじい めぐみ)/料理研究家。管理栄養士。居酒屋めぐりがライフワーク。おつまみのこだわりは、ヘルシーさはもちろん、味のメリハリ、美しい盛り付け、そしてリズムのある歯ごたえ。料理とお酒のおいしい関係を追い求め、あくなき挑戦の毎日。

    撮影:木村 拓

    からだが喜ぶ! 藤井恵のおつまみ献立の関連記事