【レシピ・豚ブリーキムチ】お酒がすすむ!旨辛マイルドなお手軽つまみ

今日ご紹介するおつまみは、皆大好きな豚キムチに、マイルドな白カビチーズを絡めた旨辛マイルドな一品。半溶けのチーズと豚キムチとの相性が抜群で、お酒がすすみます。教えていただくのは、東京・銀座のハイボールの聖地「ロック・フィッシュ」店主の間口一就さんです。

材料(1皿分)

ブリー
40g
豚ロース(薄切り)
5~6枚
キムチ
50g
オリーブオイル
大さじ1
少々
こしょう
少々

作り方

  1. 1塩、胡椒をした豚肉とブリーを大まかに切る。
  2. 2フライパンにオリーブオイルをひき、豚肉を炒める。
  3. 36割ぐらい火が通ったら、キムチを入れる。ほんのり色が変わったくらいのタイミングでキムチを投入しましょう。焼き過ぎて硬くならないように注意。
  4. 4豚肉とキムチがよく絡んだら、最後にそぎ切りブリーを入れて軽く炒める。余熱で溶けたブリーがクリーミー。豚肉、キムチ、ブリー。旨味と辛味とマイルドさがかけ合わさってシアワセ。

Point

ブリー。なんとルイ16世も大好きだったと言われる、ご存じ、代表的な白カビのチーズです。チーズですから、ワインはもちろん、基本お酒との相性は◎ですが、今回はそのままでなく、ほかの食材とコラボレートしておつまみに。ブリーのよさは、風味は穏やかめ、クセは少ないけど、濃厚な味わいも持っているところ。同じフレッシュチーズでも青カビやウォッシュタイプほど主張が強過ぎない、受け止め上手。なので、スパイスの効いたものや味の強いものと合わせてもOK。タイカレー、味噌、福神漬け、キムチ……、辛い、しょっぱい、スパイシー。いろんなものとかけ合わせてみる楽しさがあるんです。もう一つのポイントは、ちょっと熱を加えると半溶けくらいがいい感じなこと。見た目もかわいいし、マイルドなコクとミルキーさが生きてきて、お酒ともよく合いますよ。

間口一就(まぐち かずなり)/銀座「ロックフィッシュ」店主。愛媛県生まれ。「ロックフィッシュ」を立ち上げ、2002年に東京・銀座に進出。看板メニューの氷を入れない「角ハイボール」はハイボールブームの火付け役に。本人曰く『朝から晩までつまみのこと、考えてます!』

撮影:鵜澤昭彦