なんと水餃子が10分で完成! 肉たっぷりでビールがすすむレンチン水餃子

ご紹介する今夜のおつまみは、電子レンジで手軽に作れる水餃子です。教えてくださるのは、著書『ひとり飲みのやせるつまみ』で、簡単にできて美味しいうえに太らないおつまみの数々を披露している料理家・井原裕子さん。「餃子は食べたいけど、手作りは面倒と思っていませんか。ひだを寄せたりしなければ短時間で包めますし、仕上げは電子レンジで」。

材料(1人分)

餃子の皮
8枚
肉だね
 豚ひき肉
100g
 酒
大さじ1
 しょうゆ
小さじ1
 こしょう
少々
 ごま油
小さじ1
 しょうが(すりおろす) 
小さじ1
長ねぎ
10cm
たれ
 しょうゆ、酢
各大さじ1
 ラー油
適量
レタスの外葉(または白菜、キャベツの外葉やオーブン用シートでもよい。)
1枚

作り方

  1. 1長ねぎは縦半分に切り、斜め薄切りにする。
  2. 2ボウルに肉だねの材料を入れ、粘りが出るまで混ぜ、8等分する。
  3. 3餃子の皮に2をのせ、皮の端に水をつけ、半分に折ってしっかり押さえて包む。
  4. 4耐熱皿にレタスの葉を敷き、間隔をあけて餃子を並べ、1をのせる。水大さじ2(分量外)を全体にふり、ラップをふんわりとかけて電子レンジで5分加熱する。器に盛り、混ぜたたれを添える。

Point1

肉だねは刻みものなしで、長ねぎをのせるだけなので簡単。レンジにかけるときは、くっついてしまうので下に葉などを敷き、間隔をあけて並べます。

井原裕子(いはら ゆうこ)/愛知県名古屋市出身。料理家。食生活アドバイザー、ジュニア野菜ソムリエ。米国、英国に約8年間在住した後、料理研究家のアシスタントを約12年間務め独立。雑誌や書籍などのレシピ提案のほか、企業の商品開発、レストランのメニュー開発など、食に関わる幅広い分野で活躍。近著に『一度にたくさん作るからおいしい スープ』(成美堂出版)『女子力アップ!ダイエット応援弁当』(文化出版局)などがある。
http://www.iharayuko.com

撮影:西山 航

ひとり飲みのやせるつまみの関連記事