とろふわしょっぱさが泡ものに合う! いくらカッテージチーズオムレツ

夏の疲れが出やすいこの時期は、シュワシュワの泡ものでリフレッシュ。ご紹介する今夜のおつまみは、いくらを使ったチーズオムレツです。いくらのしょっぱさが、ふわとろのオムレツとあいまって、絶妙な美味しさ。スパークリングワインやハイボールがすすむこと請け合いです。東京・銀座のハイボールの聖地「ロック・フィッシュ」店主の間口一就さんに教えていただきます。

材料(1皿分)

いくら
20g
2個
カッテージチーズ
20g
オリーブオイル
大さじ1

作り方

  1. 1ボウルに卵を割って、いくら、カッテージチーズを加えて混ぜる。
  2. 2フライパンにオリーブオイルをひき、1を焼く。
  3. 37分ほどで火が通ったら、スプーンですくって皿に盛る。

Chef’s Advice

いくらを使ったおつまみ
どこかウキウキ、パーティなどが多いシーズンにおすすめの食材が「いくら」。ちょっと派手めなおつまみをつくってみましょう。つやつや鮮やかな赤色も効果的。まぐち的には、少し入れるだけで驚いてもらえるのもうれしい食材です。
せっかくなので使うときはスプーンでザクッと大胆にすくいましょう。ちょっとした贅沢感も素敵です。
醤油(または塩)漬けになっているので、基本的には味付け要らずです。いくら自体を調味料の感覚で使えば便利だし、アレンジの幅も広がります。
もう一つのポイントは油分。オリーブオイル、バター、マヨネーズなどで油分を加えてやると生臭さも軽減されるし、洋風な雰囲気になります。
魚卵にワインはむずかしいですが、スパークリングならOK。ウイスキーとも合うし、ちょっと派手めに、シュワシュワ泡ものと合わせてぜひお楽しみを。

間口一就(まぐち かずなり)/銀座「ロックフィッシュ」店主。愛媛県生まれ。「ロックフィッシュ」を立ち上げ、2002年に東京・銀座に進出。看板メニューの氷を入れない「角ハイボール」はハイボールブームの火付け役に。本人曰く「朝から晩までつまみのこと、考えてます!」

撮影:鵜澤昭彦

銀座ロックフィッシュ直伝 誰でもカンタン らくらくつまみの関連記事