レタスで巻いておつまみに! 美味しい作りおき「さばのポロポロ」

今夜のおつまみは、料理研究家の松田美智子さんの著書『彼とごはん』から、あると便利な常備菜、「さばのポロポロ」をご紹介します。さばと生姜の相性の良さに加えて、ピーマンがいい仕事をしていて、定番にしたい逸品。「おつまみやおかずにもなる、生姜が利いたさばのそぼろ。ご飯と一緒に、レタスで巻いて食べてもさっぱりとしておいしいですよ。冷蔵庫で2日ほど持ちます」。

材料(作りやすい分量)

さば(三枚おろしの半身)
1枚
ピーマン
1個
にんじん(5mmの角切り)
1/2カップ
生姜(みじん切り)
大さじ1
ねぎ(みじん切り)
1/4本分
ごま油
大さじ1
三温糖
大さじ1
【A】味噌
大さじ1
【A】酒
1/4カップ
醤油
大さじ1

作り方

  1. 1さばの皮面を下にしてまな板に置き、スプーンを使って、掻き出すように身をほぐす。
    ※さばは、中心線から繊維に沿って、スプーンで身をこそげ取ります。
  2. 2ピーマンは縦半分に切り、種とワタを丁寧に取り除いた後、5mmの角切りにする。
  3. 3深めのフライパンに生姜とごま油を入れ、中火で炒め、香りが立ったら1を加え、さらにねぎも加えて炒める。
  4. 4三温糖を加えて炒め、合わせたAを入れて炒め煮にする。1、2分炒めたらにんじんを加え、汁気がなじんできたら醤油を加えてさっと合わせ、最後にピーマンを加えて火を止め、混ぜ合わせる。
    ※ピーマンは香りと食感を活かすために余熱で火を入れるだけにします。
  5. 松田 美智子(まつだ みちこ)/東京生まれ(鎌倉育ち)。料理研究家、テーブルコーディネーター、女子美術大学講師。料理研究家ホルトハウス房子氏に師事し、各国家庭料理を学ぶ。1993年より恵比寿で「松田美智子料理教室」主宰。栄養面に配慮した、季節感豊かで、丁寧な家庭料理が幅広い層から支持される。テレビや雑誌などメディアで活躍する他、海外ブランドでのキッチン開発や、自身ブランドの調理器具の開発、企業のメニュー開発など、多角的に食の仕事を手がける。著書多数。

    撮影:西山 航

    彼とごはんの関連記事