しいたけをまるごと蒸すだけ!薬味と熱いごま油が美味しい笠蒸しの出来上がり

きのこが美味しい季節到来。そこで今夜のおつまみは、しいたけの美味しさをまるごと味わえる笠蒸しを、東京・南麻布の人気の日本料理店「分とく山」総料理長・野崎洋光さんに教えていただきます。野崎さんおすすめの合わせ薬味を使えば、あっという間に作れます。色々使えて便利なので、この合わせ薬味はぜひ常備しておきましょう。

材料(2人分)

しいたけ(大きめ)
6個
基本の合わせ薬味(こちらを参照)
30g
酒・ごま油・醤油
各適量

作り方

  1. 1しいたけは石づきを取り、軸に縦に細かい格子状の切り込みを入れる。
  2. 21に酒をふり、中火で熱した蒸し器で3分蒸し、合わせ薬味をのせてさらに15秒蒸す。
  3. 3ごま油を小鍋で熱し、2に少しずつかけ、醤油をたらす。

Chef’s Advice

しいたけの軸に切り込みを入れると歯切れがよくなり、おいしく食べられて見た目も洒落た感じになります。薬味は火が入りすぎると食感が損なわれるので、15秒以上蒸さないように。
野﨑洋光(のざき ひろみつ)/東京・南麻布「分とく山」総料理長。1953年、福島県古殿町生まれ。従来の考え方にとらわれない自分の料理哲学を、やわらかな語り口でわかりやすく説き、テレビや雑誌などでも活躍。常に家庭料理の大切さ、家庭でしか作れないおいしさを唱えている。

撮影:天方晴子

「分とく山」の薬味・たれ・塩麹レシピの関連記事