自宅を”旨い居酒屋”に変えるおいしいおつまみ! プロに教わる「いかメンチ」の作り方

お酒を飲む機会が増えるこの季節。お店でおいしいおつまみに出合うと、自分でも再現してみたくなります。そこで本日は、立ち呑みから名物酒場まで、旨い店に立ち寄るのが大好き、という料理研究家・藤井 恵さんが、自身の経験をもとにアレンジした、いかメンチのレシピをご紹介します。

材料(2人分)

するめいか
1ぱい(正味200g)
玉ねぎ
1/2個
にんじん
1/3本
【A】溶き卵
1/2個分
【A】酒
大さじ1/2
【A】砂糖
小さじ1
【A】塩
小さじ1/3
【A】こしょう
少々
小麦粉
大さじ3
サラダ油
大さじ4
青じそ
2枚

作り方

  1. 1いかは軟骨、ワタなどを除いて胴と足に分け、洗って足の先端を少し切る。胴はみじん切り、足は7~8mm長さに切る。玉ねぎ、にんじんはみじん切りにする。
  2. 2フードプロセッサーにいかの胴を入れて粘りが出るまで撹拌し、Aを加えてさらに撹拌する。いかの足、玉ねぎ、にんじん、小麦粉を加えて全体がなじむ程度に撹拌し、4~6等分して円形にまとめる。
  3. 3フライパンにサラダ油を熱し、2を入れて両面をこんがり揚げ焼きにする。
  4. 4器に青じそを敷いて3を盛る。

Point

青森の居酒屋で食べて、いかの味が口いっぱいに広がるおいしさに感動した一品。玉ねぎとにんじんの甘みがいいバランスです。

藤井 恵(ふじい めぐみ)/料理研究家。管理栄養士。大の辛党として知られ、立ち呑みから名物酒場まで、こだわりの「旨い店」にひとり立ち寄るのが藤井流。著書『藤井 恵 とっておきの晩酌レシピ』は、晩酌の醍醐味をふんだんに詰め込んだおつまみレシピの集大成。

撮影:木村 拓

藤井恵 とっておきの晩酌レシピの関連記事