今夜の肝いりおつまみは、人気の砂肝ねぎだれ和え!

今夜のおつまみにおすすめするのは、最近人気の砂肝を使った「砂肝のねぎだれ和え」です。和えものをこよなく愛する人気の料理家、坂田阿希子さんに教えていただきます。「しゃきしゃきの長ねぎと、さっとゆでた砂肝を、香りのいいねぎだれでいただきます。ねぎだれはあつあつの油をかけて香りを立たせるのがコツ。ゆでた鶏むね肉など淡泊な肉にもよく合います」。

材料(2人分)

砂肝
200g
長ねぎ
1/4本
少々
和えだれ
 長ねぎ(みじん切り)
5cm分
 しょうが(すりおろし)
1かけ分
 塩
小さじ2/3
 ごま油(太白)
大さじ3
 砂肝のゆで汁
大さじ1~2
黒こしょう
適量
ラー油(好みで)
少々

作り方

  1. 1砂肝は白い筋を取り除く。鍋に湯を沸かして酒を加え、砂肝を入れて2~3分ゆでる。全体の色が変わったら火を止めて蓋をし、そのままおく。粗熱が取れたら取り出し、そぎ切りにしてボウルに入れる。
  2. 2長ねぎは斜め薄切りにして水にさらし、ざるに上げて水気をきっておく。
  3. 3和えだれを作る。長ねぎのみじん切りとしょうが、塩をボウルに入れる。小さい鍋にごま油を熱して長ねぎのボウルに入れ、砂肝のゆで汁を加えて混ぜる。
  4. 41のボウルに、2の長ねぎと3の和えだれを加えて和え、黒こしょうをふる。好みでラー油をさっとかけても。

Point

ねぎとしょうがは、あつあつの油をかけて香りを立たせる。直接火にかけて加熱するよりも香りが立ち、ねぎのしゃきっとした食感も残る。
坂田阿希子(さかた あきこ)/料理家。フランス料理店やフランス菓子店で料理人としての経験を重ね、独立。料理教室「studio SPOON」を主宰するかたわら、書籍や雑誌、TV出演などで活躍。和洋のジャンルにとらわれることなく、新しいおいしさを常に追求する。食材の食感や香りを大切にした、ひとひねりあるレシピにファン多数。新潟県出身で、大の白いごはん好きでもある。著書に『絶品マリネ』(家の光協会)、『坂田阿希子の肉料理 肉好きに捧げる極上レシピ』(文化出版局)など。

撮影:新居明子

和えるおかずの関連記事