ぼっちにもおいしい! ビールを飲みながら、韓国風すきやき鍋はいかが

ぼっちのかたにも、そうでないかたにもおすすめする本日のおつまみは、韓国風すきやき鍋です。人気の料理研究家・大庭英子さんに教わる一人鍋は、にんじん、せり、卵も入って栄養バランスもよく、彩りも鮮やか。食欲をそそる一品です。よく冷えたビールと一緒に召し上がれ。

材料(1人分)

牛薄切り肉(焼肉用/細切り)
100g
【A】酒
大さじ1/2
【A】しょうゆ
大さじ1/2
【A】ごま油
小さじ1
【A】一味唐辛子
少々
【A】にんにくのみじん切り
少々
【A】ねぎのみじん切り
大さじ1
白菜(4~5cm長さ、縦3~4mm幅に切る)
2枚分
生しいたけ(軸を除き、薄切り)
3枚分
にんじん(せん切り)
4mm分
1個
一味唐辛子
少々
いり白ごま
少々
めんつゆ(ストレート)
大さじ3~4
せり(4~5cm長さに切る)
適量

作り方

  1. 1ボウルに牛肉を入れ、Aを加えて混ぜ合わせ、下味をつける。
  2. 2すき焼き鍋にごま油(分量外)をぬり、1と野菜を放射状に並べ入れる。具材の中心に卵を落とし、一味唐辛子、ごまをふり、鍋肌からめんつゆを注ぐ。
  3. 32を中火にかけて煮立ってきたら、ふたをして野菜がしんなりするまで煮、せりをのせる。

Chef’s Advice

卵をつぶして混ぜ合わせながら、いただきます。


大庭英子(おおば えいこ)/料理研究家。福岡県出身。食材の組み合わせ方や調味料の使い方に定評があり、幅広い年齢層から支持されている。和・洋・中・エスニックとジャンルを超えた料理から、「自然体でおいしい、作りやすいレシピ」を提案。新聞や雑誌、広告など多方面で活躍中。主な著書は『野菜おかずのワザとコツ』(主婦の友社)、『30分で3品! 作りおき野菜おかず231』(西東社)など。

撮影:伏見早織

ぜんぶ 小鍋の関連記事