【レシピ・サーモンバター】今宵の酒の肴は“ゆびつま”サイズの鮭に決まり!

鮭がおいしい季節です。焼くだけでもおいしいけれど、いつもとは違う一工夫で、お酒を選ばない絶品おつまみに大変身。東京・銀座のハイボールの聖地「ロック・フィッシュ」店主の間口一就さんに教えていただく、文字どおり「つまめる」おつまみです。

材料(1皿分)

20g
バター
20g
スティックパン
1本
薄力粉
80g
適量

作り方

  1. 1フライパンに油をひき、鮭を焼いてほぐす。
  2. 2鮭とバターを和える。
    ※鮭とバター。言うまでもないかもしれませんが相性抜群です。ほどよく効いた塩気もいい塩梅。ボウルに入れてバターで和えます。
  3. 3カットしたスティックパンを180℃のオーブンで焦げ目がつくまで軽く焼く。
  4. 43に2をのせて器に盛り付ける。

Point

スティックパンを8mm幅くらいの輪切りに切り分けます。こうするとちょうど“ゆびつまみ”サイズの土台に。焼いて、和えて、のせる。それだけ。食べやすくて、洋酒にも合いますよ。

間口一就(まぐち かずなり)/銀座「ロックフィッシュ」店主。愛媛県生まれ。「ロックフィッシュ」を立ち上げ、2002年に東京・銀座に進出。看板メニューの氷を入れない「角ハイボール」はハイボールブームの火付け役に。本人曰く『朝から晩までつまみのこと、考えてます!』

撮影:鵜澤昭彦