【レシピ・豚の黒酢角煮】人気の料理研究家に教わる、からだにやさしいおつまみレシピ

本日ご紹介するおつまみは、豚バラを使った角煮です。おつまみやメインディッシュとして定番の料理ですが、ポイントは黒酢(またはお酢)を使うこと。やわらかく煮えたさっぱり風味の角煮はからだにもやさしく、お酒がおいしくすすみます。人気の料理研究家・藤井恵さんのレシピです。

材料(作りやすい分量)

豚バラかたまり肉
400g
【A】にんにく、しょうが(薄切り)
各1かけ
【A】酒
1/2カップ
【A】水
4カップ
【B】黒酢または酢、砂糖
各大さじ3
【B】しょうゆ
大さじ1/2
【B】塩
小さじ1
【C】片栗粉
大さじ1
【C】水
大さじ2
ごま油
小さじ1
長ねぎ(せん切りにして水にさらす)
適量

作り方

  1. 1豚肉は3~4等分に切り、熱湯で2分ゆで、水気をきる。
  2. 2鍋に1、Aを入れ、紙ブタをして中火にかけ、煮立ったら火を弱めて竹串を刺してすっと通るようになるまで1時間~1時間30分ゆでる。
  3. 32の豚肉を取り出す。ゆで汁は漉して3カップを取り分ける。
  4. 4鍋をさっと洗い、豚肉、取り分けたゆで汁、Bを入れて弱火にかけ、20~30分煮る。混ぜ合わせたCを加えてとろみをつけ、ごま油を加える。
  5. 5器に4を盛り、長ねぎをのせる。
  6. 藤井 恵(ふじい めぐみ)/料理研究家。管理栄養士。居酒屋めぐりがライフワーク。おつまみのこだわりは、ヘルシーさはもちろん、味のメリハリ、美しい盛り付け、そしてリズムのある歯ごたえ。料理とお酒のおいしい関係を追い求め、あくなき挑戦の毎日。

    撮影:木村 拓