【レシピ・ガリバタステーキ丼】飲んだ後にもダイエット中にも!簡単でおいしい低糖質のどんぶり

「食べちゃダメ」と思えば思うほど食べたくなるのが人情というもの。「がまんしすぎはダイエットの天敵。たまには肉を食おう!」という料理研究家・きじまりゅうたさんは、糖質制限ダイエットに成功した経験の持ち主です。今日はきじまさんの著書『ぜんぶ簡単どんぶり』から、キャベツごはんとの組み合わせで罪悪感なくおいしく食べられるガリバタステーキ丼をご紹介します。

材料(1人分)

牛赤身肉(ステーキ用/筋を切る)
1枚
A【塩、こしょう各少々】
サラダ油
小さじ1
バター(有塩)
5g
三つ葉(4cm長さに切る)
1/2パック
B【酒小さじ1、しょうゆ小さじ1、おろしにんにく少々】
粗びき黒こしょう
少々
キャベツご飯
茶碗1杯分

作り方

  1. 1牛肉にAをふる。
  2. 2フライパンにサラダ油を中火で熱し、フライパンが十分に温まったら牛肉を入れる。焼き色がついたら裏返す。約1分焼いたら取り出して、約2分おく。
    ※焼き上がってからすぐに切ると、せっかくの肉汁が出てしまいます。
  3. 3フライパンにバターと三つ葉を入れてサッと炒め、Bを入れたら火を止める。
  4. 42の牛肉を食べやすい大きさに切る。
  5. 5器にご飯を盛り、4の牛肉をのせ、3の三つ葉を汁ごとかけて、こしょうをふる。

Point

キャベツご飯の作り方
【材料(1人分/茶碗1杯分)】
・キャベツ(粗みじん切り)…100g
・温かいご飯…100g
【作り方】
1.キャベツは、ビニール袋に入れて電子レンジで約1分加熱し、粗熱がとれたら水気を絞る。
2.ボウルにご飯と1を入れて、混ぜ合わせる。

きじま りゅうた/料理研究家。祖母は料理研究家の村上昭子さん、母は同じく料理研究家の杵島直美さんという家庭に育ち、自身も料理研究家の道へと進む。現在は、男性のリアルな視点から考えた「若い世代にもムリのない料理」を提案している。テレビや雑誌を中心に活躍し、自身が主宰する料理教室も開催している。主な著書に『暑い季節を美味しくすごす 夏つまみ』(池田書店)など。
ブログ「きじまりゅうたのダイドコログ」http://www.daidokolog.com/

撮影:ナカムラユウコ