【レシピ・アボカドとランチョンミートのサラダ】ビールに合う簡単缶つま!

そろそろ8月も終わりというのに、残暑厳しい今日この頃、やっぱり恋しいのはビール。すぐにでも飲みたい! そんなせっかちなかたの“あて”におすすめなのは、缶詰を使って手軽に作れるおつまみ、「缶つま」です。東京・銀座の人気バー「ロックフィッシュ」店主の間口一就さんのおすすめセレクションから、ビールに合う簡単な缶つまをご紹介します。

材料(1皿分)

ランチョンミート
50g
アボカド
半個
オリーブオイル
大さじ1
醤油
小さじ1
胡椒
少々

作り方

      1. 1ランチョンミートとアボカドをサイコロ状に切り、和える。
      2. 2オリーブオイルと醤油を合わせてランチョンミートとアボカドにまわしかける。
      3. 3胡椒を振り、出来上がり。

Point

ランチョンミートはビールにもぴったし! しっかり塩味があって味は濃いめ。なので切り方一つで味が変わります。今回はサイコロ状に切ってみましたが、薄く切ったり、削ぎ切りにしたり、いろいろ試してみましょう。ガーリック味の缶詰もあります。塩っぱいからって敬遠しないで。減塩タイプもあります。

間口一就(まぐち かずなり)/銀座のバー「ロックフィッシュ」店主。愛媛県生まれの乙女座O型。大阪「サンボア」で勤務の後、北浜に「ロックフィッシュ」をオープン。2002年に東京・銀座に進出。昨今のハイボールブームの火付け役として、雑誌や新聞などに多数登場。また、身近な食材を、ひとひねり効いたオリジナルのつまみに仕立てるのが得意。新たなつまみを生み出すための飲み食べ歩きは国内にとどまらず世界各地まで。日々、勉強を欠かさない。著書も『バーの主人がこっそり教える味なつまみ』(柴田書店)、『ゆびつまみ』(柴田書店)、『麺々エブリデイ!』(辰巳出版)、『銀座・ロックフィッシュのストウブつまみ』(世界文化社)など多数。

撮影:鵜澤昭彦