【レシピ・もやしのお焼き】カリッ、シャキッの食感でお酒がすすむ! プロに教わる簡単おつまみ

本日ご紹介するおつまみは、飲みたいけれど気の利いたおつまみがあったっけ……なんていう時の救世主。人気料理研究家・きじまりゅうたさんの著書『ぜんぶもやしレシピ』から、酢醤油で食べるもやしのお焼きをご紹介します。ハイボール、日本酒、ビールなどのお供にぜひどうぞ。

材料(2人分)

もやし
1/2袋
【A】卵
1個
【A】薄力粉
大さじ4
【A】水
大さじ1
【A】しょうゆ
大さじ1/2
【A】青のり粉
小さじ1/2
サラダ油
大さじ1
【B】酢
適量
【B】しょうゆ
適量

作り方

  1. 1ボウルにAを入れて混ぜ、もやしを加え、しっかりと混ぜてたねを作る。
    ※スプーンでもやしをつぶすようにして混ぜると、たねがまとまりやすくなります。
  2. 2フライパンにサラダ油を中火で熱し、1のたねを4等分して広げ入れて焼く。焼き色がついたら裏返して、さらに4分焼く。
  3. 3器に盛り、Bをつけていただく。
  4. <関連記事>
    ●【コラム】おサイフの優等生「もやし」をおいしく使いこなす!達人になるための5つの基礎知識
    ●【レシピ・バキバキもやしの鶏つくね】ふわふわつくね+バキバキもやしの新食感が美味い!

    きじまりゅうた/料理研究家。祖母は料理研究家の村上昭子さん、母は同じく料理研究家の杵島直美さんという家庭に育ち、自身も料理研究家の道へと進む。現在は、男性のリアルな視点から考えた「若い世代にもムリのない料理」を提案。テレビや雑誌を中心に活躍し、自身の料理教室も開催している。主な著書に『ぜんぶ 簡単どんぶり』(世界文化社)など。
    ブログ「きじまりゅうたのダイドコログ」http://www.daidokolog.com/

    撮影:伏見早織

    Delicious Navi