【レシピ・鶏むね肉のエスニック鍋】パクチー&ナンプラーがそそるやみつき時短おつまみ

本日ご紹介するおつまみは、パクチーとナンプラーの独特な風味がやみつきになる、エスニックな鶏の小鍋です。鶏むね肉をあらかじめゆでて裂いておけば、ビールを片手にさっと用意ができてしまいます。人気の料理研究家・大庭英子さんのレシピです。

材料(1~2人分)

鶏むね肉
小1枚(150g)
3カップ
【A】酒
大さじ2
【A】塩
小さじ1/2
【A】しょうがの皮
適量
玉ねぎ(縦薄切り)
小1/2個分
パクチー(3cm長さに切る)
適量
しょうが(せん切り)
小1/2かけ分
赤唐辛子(種を取り、5mm幅の小口切り)
1本分
にんにく(薄切り)
1かけ分
【B】ごま油
大さじ1
【B】ナンプラー
大さじ2/3
レタス(2cm幅に切る)
1/3個分(150g)

作り方

  1. 1鍋に水、鶏むね肉を入れて中火にかけ、煮立ってきたら火を弱めてあくを取る。Aを加え、ふたをして弱火で約20分ゆでたら火を止めて粗熱をとる。
  2. 21の鶏肉を手で食べやすい大きさにほぐす。
  3. 3ボウルに2、玉ねぎ、パクチー、しょうが、赤唐辛子、にんにくを入れ、Bであえる。
  4. 41のゆで汁からしょうがの皮を取り除き、煮立てる。レタスを加えてしんなりするまで煮たら、3をのせてひと煮する。

Chef’s Advice

鶏むね肉はあらかじめゆでて裂き、ゆで汁ごと冷蔵庫で保存しておくと便利。帰宅後は、作り方3から調理すればOKです。


<関連記事>
●【レシピ・あさりとしめじのバター蒸し】白ワインがすすむ! あさりを使った簡単おつまみ
●【レシピ・たことマッシュルームのアヒージョ】観戦しながらつまみたいスペインバルの定番レシピ

大庭英子(おおば えいこ)/料理研究家。福岡県出身。食材の組み合わせ方や調味料の使い方に定評があり、幅広い年齢層から支持されている。和・洋・中・エスニックとジャンルを超えた料理から、「自然体でおいしい、作りやすいレシピ」を提案。新聞や雑誌、広告など多方面で活躍中。主な著書は『野菜おかずのワザとコツ』(主婦の友社)、『30分で3品! 作りおき野菜おかず231』(西東社)など。

撮影:伏見早織

ぜんぶ 小鍋の関連記事