バーボンに合う! ハード系のおつまみ「かまぼこジャーキー」を作ろう

本日ご紹介するのは、かまぼこを使った絶品おつまみです。自家製燻製の楽しさ・おいしさを綴ったブログが大人気の燻製道士さんの著書『男の手作り燻製』から、「ぜひ一度は試してほしいイチオシの燻製」という「かまぼこジャーキー」をご紹介します。お正月に買いすぎたかまぼこが余ってしまった、というかたにもおすすめです。 

材料

かまぼこ
1枚
漬けダレ
 醤油
50ml
 みりん
25ml
 酒
25ml
 黒こしょう
少々
サクラのウッド
1本(約100g)

作り方

  1. 1かまぼこを縦2mmの厚さにスライス。
  2. 2漬けダレにかまぼこを入れ、冷蔵庫で3時間漬け込む。
  3. 3かまぼこを取り出してタレをキッチンペーパーで丁寧に拭き取り、1時間ほど風乾する。
  4. 4大きめのスモーカーに網をセットし、かまぼこをのせる。電熱器でスモーカーを50℃に熱して、ウッドを入れずに温乾30分。さらにサクラのスモークウッド1本に点火しスモーカーに入れ、1 時間ほど温燻して、できあがり。

Chef’s Advice

これぞジャーキー?!
食べた瞬間、肉のジャーキーかと思うくらい、酒のつまみにピッタリで、作って来たジャーキーの中でも会心のヒット作! 一味をふったマヨネーズにつけて食べると、ウイスキーが止まらなくなってしまうほどの旨さ。漬け込み時間は3時間と少々時間がかかるが、ぜひ一度は試してほしい、イチオシの燻製だ。

Point

手間ひまかけた甲斐あって、やわらかくしこしこした歯ごたえのかまぼこが、絶品つまみに。たれは丁寧に拭き取り、しっかり乾燥させよう。旨い一品になること間違いなし。

<関連記事>
燻製の作り方の基本は、こちらをご参照ください。
●【コラム】燻製マスターに教わる、燻製の作り方の基本~自家製燻製のすすめ
●【レシピ・カマンベールチーズの燻製】中華鍋で手軽に作れる、やみつきの燻製おつまみ!

燻製道士(くんせいどうし)/酒好きが高じて作りはじめた簡単燻製に目覚め、週末は自家製燻製と酒のマリアージュを愉しむ。燻製と酒の記録を綴った「燻製記」は、多くの燻製ファンが参考にする人気ブログで、『男の手作り燻製』(世界文化社)として書籍化。
http://kunsei.livedoor.biz/